こんなお悩み、「ほあんかんSG」が解決します!

北海道の寒冷地においても凍結を防ぐことができます!
  • 八幡平(秋田県)
  • 石狩(北海道)
「ほあんかんSG」の性能を動画でご覧ください!
「従来型ひも状ヒーター」と「ほあんかんSG」の違い
  • ●建物の高さに応じてひも状ヒーターの設置が必要。
    ●屋上にサーモスタットボックスの取り付けが必要。
    サーモスタットボックスを取り付ける際に屋上の
    防水シートに穴を開けてしまうので漏水の原因に!
    ●排水管内部にゴミが詰まりやすい。
    排水ができなくなると、屋上に水が溜まり、
    漏水や漏電事故の恐れがあります!
  • ●建物の高さに関係なく排水管下部に設置するだけ!
    ●屋上のサーモスタットボックスの取付と電気配線が不要!

消費電力が少なく、高いビルほど経済的!取り付けも簡単で、見た目もキレイ!

電気代の比較
※ひも状ヒーター20W/mの場合 ※5階建排水管2箇所-10℃時。100Aタイプにて、24時間使用した場合。
  • 設置したヒーターの
    長さに応じた電力が必要

  • 100φの場合で、 わずか71Wの消費電力!

寿命が長く、しかも安全です!
  • 寒い時に温度が高くなり、暖かくなると
    ヒーターの加熱が少なくなる
    自己温度制御型のヒーターを使用。
    異常加熱の心配がありません。
    さらに完全防水型ですので、寿命が長いのです。
取扱注意事項
◎ほあんかんSGは竪樋の気密性が重要です!
◎下記のような構造の竪樋への取付は凍結する場合がありますのでご注意ください。
  • 竪樋接続部から気流が漏れるタイプ

    アルミ製の竪樋は膨張率が高いため排水管の接続部が隙間を広めに構成されています。
    竪樋の気密性が取れない為ほあんかんSGには適しません。

  • 飾り枡がついているタイプ

    飾り枡内部にて一旦気流が解放されてしまう為、気流が滞り、凍結につながる恐れがあります。

  • 枝分かれしているタイプ

    竪樋内部の上昇気流が途中で分かれてしまう為、気流が半減してしまい、凍結につながる恐れがあります。

  • ドレン差込みタイプ / 上蓋タイプ

    上昇気流の勢いが減少し、凍結につながる恐れがあります。

  • 放流型竪樋に使用する場合は必ず
    竪樋の末端に商品をお取り付けください。

    商品の下に竪樋を取り付けて放流すると竪樋が外気温に近い温度になり、凍結する恐れがあります。

  • 本来の気流のイメージ

    竪樋の接続が45°や90°に取付されてもドレーンからの排出気流に影響はありません!

  • ◎「ほあんかんSG」は自己温度制御型のヒーターを採用しておりますので、
    常時通電状態となっております。
    ◎「ほあんかんSG」は差込プラグが取り付けられておりません。
    ◎「ほあんかんSG」は16mmの曲がりコネクターを使用しておりますので、
    ミラフレキMFD-16同等品のPF管をご使用ください。
Copyright© YOSHIDA ANNY Co.Ltd. All rights reserved.
Scroll Up